学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

臨床検査専攻 臨床検査コース

臨床検査技師の資格取得をめざす

健康・診断・治療に関するデータ管理のスペシャリストへ
分析とデータ解析のスペシャリストを育成。医療の基礎から最先端医療の遺伝子検査まで、講義、学内実習、病院実習で医療人として地道に努力できる誠実な人間性を身につけた人材を育成します。

めざす資格

  • ●臨床検査技師
  • ●臨床工学技士(専攻科)

学びのポイント!

point1
実績を活かしたスペシャリスト教育
前身の帝京医学技術専門学校として開校して約45年。豊富な経験と実績を活かし、基礎から最先端医療まで対応できるスペシャリストを育成します。
point2
国家資格取得に向けたサポート
臨床検査技師の資格取得をめざした集中的な演習を実施。担任によるきめ細かなサポートのもと、安心して学ぶことができます。
point3
帝京大学グループ講師陣による高度な授業
基礎から応用まで、幅広い知識と技術を身につけるため、帝京大学グループの講師を迎え高度な授業を分かりやすく行っています。
point4
臨床工学技士とのダブルライセンス
本コース卒業後に専攻科(1年制)へ進学することで、臨床工学技士の受験資格が取得できます。臨床検査技師とのダブルライセンスにより活躍の場を広げることができます。
ダブルライセンスを取得した 卒業生の声
ダブルライセンス取得が、大学病院で働く夢につながりました。
K・Y さん
昭和大学藤が丘病院勤務
臨床検査コース 2014年卒業
臨床工学専攻 2015年修了
臨床検査技師と臨床工学技士、2つの国家資格が取得したくて、帝京短大を選びました。特に生理学の授業は覚えることも多くて大変でしたが、毎日の授業をしっかり受け、ノートを丁寧にまとめて知識を整理したことが、試験合格につながったと思っています。また、国家試験に向けて、先生が過去問題の解説や就職に向けての面接対策をしてくださり、自信がつきました。現在は、オペ室や病棟を担当する臨床工学技士として勤務。医療の進化は日進月歩なので、現場に出てからも日々勉強が必要です。

>>専攻科 臨床工学専攻
K・Y さん

主な教育科目(平成27年度)

さまざまな基礎科目を通じて、医療人としての人間性を養う。

前期は、化学系を重視した一般的な基礎科目を学びます。後期は専門科目を多く学び、2年次の校内実習に向け着実にレベルアップします。また、教養科目も学ぶことで、人に対する礼儀をはじめ豊かな人間性を養います。

基本的な技術の習得に向け、学内実習に励む。

3年次の臨地実習に向けて、週の半分ほどの時間を学内実習に当てています。少人数の班ごとに進める充実した内容で、講義で得た知識を実際の機器で確認し、実践における基本的な技術を身につけます。

臨地実習と国家試験対策で、臨床検査技師に近づく。

3年次へ進級するとすぐに、病院での臨地実習に入ります。実際の業務内容や患者さんへの対応方法など、これまでに学んできた知識、技術を現場で実践します。後期は集中的に国家試験対策をし、合格をめざします。

先輩の声

臨床検査専攻 臨床検査コース

臨床検査技師に必要な基礎学力を身につけるには、予習復習が肝心です。
病気の早期発見や早期治療につながる臨床検査。祖母の病気をきっかけに、臨床検査技師として予防医療に貢献したいと考え、この道を志望しました。・・・
続きを読む>>


臨床検査技師に必要な基礎学力を身につけるには、予習復習が肝心です。
ライフケア学科 臨床検査専攻 臨床検査コース
K・Y さん
神奈川県立鶴嶺高等学校出身
病気の早期発見や早期治療につながる臨床検査。祖母の病気をきっかけに、臨床検査技師として予防医療に貢献したいと考え、この道を志望しました。3年間で国家試験合格をめざすので、授業では基礎的なことから専門的なことまで、膨大な量の知識を習得します。帰宅後も、授業の内容を振り返りながらノートにまとめ、次の授業の準備を行っています。国家試験に向けて、日々の積み重ねが肝心。得た知識を実習に活かせたときの喜びはひとしおです。
神奈川県立鶴嶺高等学校出身
治療の方向性を導くチーム医療の要。臨床検査技師は、適切な医療のために欠かせない存在です。
A・S さん
聖隷福祉事業団 聖隷横浜病院 勤務
臨床検査コース 2014年卒業
漠然と医療職に就きたいと思っていた私は、恩師の薦めで臨床検査技師への道を志しました。学生時代は、とにかく勉強が大変で挫けそうなときもありましたが、「絶対に、国家試験に受かるんだ」という強い気持ちと先生からのサポートのおかげで夢が叶いました。私の勤める病院では、血液検査や心電図、肺機能検査、脳波検査など、さまざまな検査に携わることができます。いずれも、病気の診断や治療の判定、病状の経過観察に欠かせない検査なので、異常値のチェックには細心の注意が必要です。また、正確な検査結果を得るためには、患者さんをリラックスさせることも大切です。優しく声をかけたり、楽な姿勢を介助したりと、患者さんへの丁寧な対応を心がけています。医師の指示を的確に理解し、行動することはもちろん、自ら考えることが重要だと感じました。この気づきを活かして、さらに努力を続けていきたいです。
A・S さん