学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

こども教育専攻 こども教育コース+専攻科 こども教育学専攻

保育士・幼稚園教諭の資格取得をめざす

こどもたちの無限の可能性を引き出し、豊かに成長させる保育のプロへ
感性豊かな保育のプロを育成。確かな知識と技術を身につけ、こどもの個性と可能性を引き出す質の高い保育者をめざします。こども教育コース(2年制)で幼稚園教諭二種免許状を取得し、専攻科(1年制)進学により保育士の資格取得が可能です。

めざす資格

  • ●幼稚園教諭二種免許状
  • ●こども環境管理士
  • ●日本語ワープロ検定
  • ●Heartsaver AED
  • ●ピアヘルパー
  • ●保育士(専攻科)
  •  
  • ※ 教職課程認定再申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

学びのポイント!

point1
幼稚園が隣接したこどもと身近な環境
帝京めぐみ幼稚園が隣接しているため、講義の空き時間など、こどもたちと気軽に触れあうことができ、保育の現場を身近に感じられる環境が整っています。幼稚園の運動会や夏祭り、生活発表会などの行事参加を通じて、実践的に保育の技術を学べます。
point2
苦手な方も安心、ピアノの個人レッスン
乳幼児の保育には楽しい音楽体験が大切です。保育現場で必要となる基本的なピアノの演奏技術と歌唱(視唱・弾き歌い)を習得するため、入学当初から個別指導で着実に力をつけます。レベルに合わせた個人レッスンなので、ピアノが苦手な方も安心して学べます。
point3
採用試験対策講座で公務員をめざす
幼稚園・保育所には、公立と私立があり、公立職員になるには公務員試験に合格する必要があります。本学では公務員採用試験の対策講座を開き、教養、論作文、面接などの各種試験に向けた対策を講じます。
point4
可能性を広げるプラスアルファの資格
ピアヘルパー、Heartsaver AED、こども環境管理士など、現場で役立つ多彩な資格取得をめざすことができます。幼稚園教諭や保育士に限らず、保育のプロとしてさまざまな分野での可能性が広がります。

カリキュラムのポイント!

保育者としての基礎を身につける。

講義では、基礎知識と保育技術を学びます。また、保育者に必要なコミュニケーション力や人間性を養います。さらに、一日参加実習や2週間の幼稚園教育実習などを中心に、現場で保育を実践的に学びます。

実習を重ね、より実践力を高める。

2回目の幼稚園教育実習や、1回目の保育所実習に臨みます。1年次同様、実習の事前事後指導により、反省と課題の抽出および解決策の提示をくり返し、保育者としての実践力をさらに高めます。

さらにレベルアップをはかる。

これまで学んできたことが保育所実習、施設実習で実践できたかどうかを検証します。自身の反省点を見つめつつ、専門教育科目を学びます。また、選択科目を積極的に受講することで、さらなるレベルアップをはかります。

先輩の声

こども教育専攻 こども教育コース

こどもたちから「こんな大人になりたい」と思ってもらえる存在になりたい。
続きを読む>>


こどもたちから「こんな大人になりたい」と思ってもらえる存在になりたい。
こども教育学科 こども教育専攻 こども教育コース
K・M さん
岐阜県
県立飛騨高山高等学校出身
Q こども教育コースを選んだ理由は
こどもが好きなことはもちろんですが、保育士の母からいつも仕事の話を聞いていたので、やり甲斐のある仕事だなと感じていました。私もいつかは保育園や幼稚園の先生になって、母のようにこどもたちの成長を見守りたいと、思うようになりました。
帝京短期大学にはすぐ隣に帝京めぐみ幼稚園があり、身近にこどもたちがいる環境に魅力を感じて進学を決めました。幼稚園を見学したり、先生の指導を受けながら保育の実習をしたり、現場経験を積んで技術や理論を学べるところが良いですね。
Q 学びのなかで気づきや成長はありましたか
教育実習を行って、こどもは本当に大人をよく観察しているのだな、と実感しました。大人がどんな行動をしているのか、何を話しているのか、しっかりと見聞きしています。そのことに気づいた時、まずは自分の言葉遣いに気をつけなくてはいけない!と身の引き締まる思いがしました。こどもは何でも真似をしたがり、そのまま覚えてしまうため、保育者の言葉遣いが正しくないと将来の人格形成に影響を与えてしまいます。こどもが好き、というだけでは務まらない、大変な責任を負った仕事なのだと実感しました。私自身がこどもの手本になれるように、きれいな言葉遣いを心がけるようになりました。
Q この先の目標や、将来の自分像について
専門科目をさらに深く学ぶために、専攻科に進んでもう1年学ぶつもりです。専攻科で行われる実習は、これまでの学びがどこまで身についているのか、自分自身を試す場でもあります。自分の得手不得手を見極めながら、より実践的に学びたいです。特に、ピアノの実技や絵本の読み方のスキルアップをめざしたいと考えています。
将来の自分像としては、こどもたちから「こんな大人になりたい」と思ってもらえる存在になることです。「先生といるといつも楽しいな」そう思ってもらえるように、明るい笑顔を絶やさない先生をめざしています。
H・K さん
こどもたちをしっかり受けとめる、頼もしい先生でありたいと思います。
R・K さん
帝京めぐみ幼稚園 勤務
専攻科 こども教育学専攻 2011年修了
通っていた幼稚園の強くて優しい男の先生に憧れて、小さい頃から幼稚園の先生になりたいと思っていました。夢を叶えた今は4 歳児学級の担任をしています。学生時代の実習では、こどもの目線で話すことで安心感を与え、話が伝わりやすくなるのだと学びました。実際に現場に出てからも実践しています。こどもたちには何も心配せずダイナミックに遊んで欲しいと思い、安全で楽しく遊べる環境づくりに気を配り、先生方と些細なことでも情報を共有し、園内の安全点検をしてケガの防止に努めています。「今日も先生に会いに幼稚園に行きたい!」と思ってもらえるように、いつも笑顔でパワフルな存在でありたいです。
M・S さん