学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

ライフケア学科 柔道整復専攻 柔道整復コース(昼間部・夜間部)

柔道整復師の資格取得をめざす

人々の身近な医療従事者として地域社会に貢献する
手術をせずにケガを治す保存療法のスペシャリストを育成。打撲、捻挫、骨折、脱臼など、主に骨や筋肉に関わる治療について幅広く学びます。また、働きながら学べる夜間部も設置しています。

めざす資格

  • ●柔道整復師

学びのポイント!

point1
教育経験豊富なベテラン医師による専門性の高い学び
解剖学、病理学などの基礎医学は、教育経験豊富なベテラン医師の指導を受けます。また、臨床実習施設である帝京接骨院では、臨床経験豊富な教員から技術や機器の取り扱い、患者さんに対する接し方まで、治療に関わる一連の流れを実践的に学ぶことができます。
point2
短大で唯一、国家試験受験資格が3年で取得可能
柔道整復師の国家試験受験資格を3年で取得することができます。担任制により合格まできめ細かにサポートします。卒業後は帝京平成大学へ編入学することで、柔道整復師とはり師・きゅう師の3つの資格が最短5年で取得可能です。
point3
充実の医療機器で最新技術を学ぶ
日進月歩の医療業界において、医療機器の取り扱いを学ぶことは不可欠です。本コースでは、積極的に最新の医療機器を授業に取り入れ、機器の取り扱い方法を学びます。今後接骨院への普及が見込まれている超音波画像観察装置を使った授業では、身体の構造について理解を深めます。
point4
実践力を養うOSCE(オスキー)
3年次前期に行う実技能力審査OSCE(Objective Structured Clinical Examination)では、患者さんへの医療面接と、治療頻度が高い外傷に対する整復・固定などの審査を行います。あらゆる場面を想定した独自の審査は厳しいものですが、現場での実践力を養う高い効果が期待できます。

カリキュラムのポイント!

柔道整復師に必要なあらゆる基礎知識を学ぶ。

基礎医学となる解剖学や生理学などで、身体の仕組みを学びます。また2年次以降の学習にそなえ、柔道整復の基礎知識や包帯・テーピングの基礎を学びます。臨床実習では医療人としての心構えを学びます。

実習を通じて現場での対応力を身につける。

1年次に引き続き附属の接骨院で臨床実習を行います。少人数に分かれて行うので、密度の濃い指導を受けることができます。授業は1年次の内容をふまえ、より専門性の高いものが増えていきます。

的確な診断力、治療技術を習得し即戦力となる。

国家試験合格に向けた対策が本格的にスタートします。また、的確な診断力と治療技術をもった、実践力のある柔道整復師の育成をめざして、実技能力審査OSCE (オスキー)を実施します。

先輩の声

柔道整復専攻 柔道整復コース(昼間部)

将来は、患者さんと真摯に向き合い的確な治療を行える柔道整復師をめざします。
続きを読む>>


将来は、患者さんと真摯に向き合い的確な治療を行える柔道整復師をめざします。
ライフケア学科 柔道整復専攻
柔道整復コース(昼間部)
S・N さん
岩手県
県立久慈高等学校出身
Q 帝京短期大学を選んだ理由は
実際に現場で働いている先生が直接教えてくださるので、実技をしっかり習得できるのがいいですね。日本で唯一、柔道整復師の資格が取れる短期大学であることも魅力でした。3年という短い期間で集中して学ぶことができ、卒業後に帝京平成大学に編入すればはり師・きゅう師の勉強もできます。このことから、柔道整復師とはり師・きゅう師の3つの資格を最短5年で取得できる帝京短期大学に進学を決めました。
Q どんなことを学んでいますか
生理学、解剖学、柔道整復理論などを中心に学んでいますが、整形外科学などの専門的な医療知識について、医師から指導を受けられる科目もあります。生理学では身体の機能について学びますが、熱や痛みの症状がどういった過程で起こるのか理解できて、身体の仕組みが分かりワクワクします。隣接する帝京接骨院で行う臨床実習では、授業だけでは知り得ないことを学ぶことができます。患者さんと実際に話す機会もあり、治療室へ案内する時は心配りが必要なことも学びました。患者さんとの接し方は座学だけでは分からないので、現場での指導がとても勉強になります。
Q この先の目標や、将来の自分像について
入学当初は、柔道整復師になって人の役に立ちたい、といった漠然とした希望だけで、どのような柔道整復師になりたいのか目標は曖昧でした。
今はやるべきことが明確になってきて、技術力や知識を高めることはもちろんですが、正しい問診と治療を行うには、患者さんが訴える症状にきちんと耳を傾けることが大切だと気づきました。身体の機能や治療についてより深く学ぶとともに、コミュニケーション力も身につけて、患者さんの心と身体に真摯に向き合い、的確な治療を行える柔道整復師をめざします。
S・N さん
帝京短期大学の実践教育のおかげで、戸惑うことなく仕事を始められました。
M・I さん
KSグループ 白鷗大前接骨院 勤務
柔道整復コース(昼間部) 2015年卒業
高校時代はサッカーでのケガが多く、柔道整復師の先生に支えていただいたため、今度は支える立場になりたいと思いこの仕事に就きました。職場は地域に密着した接骨院なので、地域の方や地元の大学でスポーツをする学生の支えとなるよう、日々仕事に取り組んでいます。仕事に就いて実感したのは、実技能力審査のOSCE が本当に役立ったということ。帝京短期大学のOSCE は、さまざまな年代の患者さんやケガの状態を想定して、来院時の対応から治療方針を決めて施術するまで、一連の流れを審査します。この厳しい審査に鍛えられたので、戸惑いなく仕事を始められました。
A・N さ