学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

生活科学科 生活科学専攻 生活文化コース

多様な資格取得をめざす

今、求められている日本の生活文化を学ぶ
東京オリンピック・パラリンピックに向けて観光立国をめざす社会の潮流を見据え、地域を共創すべくまちづくり活動に参加し、国内外との交流機能を「観光」をベースに学びます。さらに、自己表現の要となるプレゼンテーション力を身につけ、資格取得やインターンシップにも積極的に取り組み、自信をもって社会への扉をひらきます。
※訪日外国人満足度調査「日本の日常生活体験」1位(出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査」2015年4月〜6月期報告書)

めざす資格

  • ●アロマテラピー検定
  • ●色彩技能パーソナルカラー検定®
  • ●日本語ワープロ検定
  • ●ピアヘルパー
  • ●ファッションビジネス能力検定
  • ●プレ検®(ACEP認定プレゼンテーション検定制度)
  • ●福祉住環境コーディネーター検定試験®
  • ●文書デザイン検定
  • ●ホームページ作成検定
  • ●文部科学省後援 色彩検定®
  • ●文部科学省後援 秘書技能検定
  • ●旅程管理主任者(国内・総合)
  • ●医科2級医療事務実務能力認定試験
  • ●2級医療秘書実務能力認定試験

学びのポイント!

point1
多彩な分野からキャリアルートを選ぶ
秘書概論、医療事務、ファッション、観光ビジネスなど、さまざまな分野の学びを体験します。多彩な学習内容から、本当にやりたいことを明確にし、自分のキャリアルートを選びます。さらに、インターンシップや資格取得を通じて、社会への扉をひらきます。
point2
社会の即戦力となるプレゼンテーション力
プレゼンテーション力は、物事を正しく効果的に伝えるうえで、社会人にとって欠かせないスキルの1つ。職場や地域活動など、社会で活かせる技術を学びます。さらに、プレゼンテーション検定に合格すれば、今後の就職活動にも大いに役立ちます。
point3
インターンシップで職業適性を再確認
1年次の春休みになると、学生は希望する職種に合わせてインターンシップに応募。企業選定や手続きなどを自ら行うことで自主性を育みます。約2週間の就業体験を積み、その職業が自分に適しているのかを再確認して、就職活動に臨みます。
point4
地域貢献活動で社会性を身につける
渋谷区のボランティア活動や地域の美化、町会や商店街のイベントで模擬店を出すなど、地域活性化につながる活動を行います。さまざまな背景をもつ人々と交流することで、地域の一員としての礼儀やコミュニケーション力など、社会常識を学びます。

カリキュラムのポイント!

インターンシップに向けて、キャリアルートを固める。

前期は多様な科目の基礎を学びます。後期には自分の適性や資格取得に合わせた専門教育科目を選択し、ステップアップをはかります。学外実習も含めた学びの中でキャリアルートを形成し、インターンシップ先を決定します。

就職までに地域で社会性を育む。

キャリアルートをより明確なものとし、就職活動をします。講義では、社会で必要となる高いコミュニケーション力を身につけます。また、地域貢献プログラムでは地域活性化をはかるためさまざまな提案を行い、最終的には地域の方に対しプレゼンテーションを実施。地域貢献活動を通じて社会性を身につけます。

先輩の声

生活科学専攻 生活文化コース

渋谷のキャンパスで育てた野菜や花が、地域貢献の喜びにつながりました。
続きを読む>>


渋谷のキャンパスで育てた野菜や花が、地域貢献の喜びにつながりました。
生活科学科 生活科学専攻 生活文化コース
A・N さん
静岡県
私立常葉学園菊川高等学校出身
Q 生活文化コースを選んだ理由は
将来の希望が明確にあったわけではありませんが、社会人として恥ずかしくない礼儀作法を身につけたいと思い、秘書概論を学べる生活文化コースへ入学しました。
Q どんなことを学んでいますか
私が学びたかった「秘書概論」は、社会人として欠かせないビジネスマナーや接遇を習得することができます。ほかにはファッションや観光ビジネス、医療事務、カウンセリング、精神保健、心理学などの授業もあります。また、地域活性化のための清掃活動や、夏祭り、ハロウィンの行事にボランティアとして参加し、社会性を身につけるプログラムもあります。加えて地域貢献の一環として、キャンパス内の畑で育てた花を商店街の花壇に植える活動もしていて、水やりや手入れなどをしていると、地域の方からあたたかい声をかけられることも多いです。畑の堆肥を活用してつくった通称「帝京野菜」は、隣接する帝京めぐみ幼稚園の園児が収穫をしています。園児たちの嬉しそうな顔を見ていると満ち足りた気持ちになります。
Q 学びのなかに気づきや成長はありましたか
人と意見が違う場合でも、「そういう考えもあるな」と、受けとめることができるようになりました。私は高校まで静岡で暮らしてきました。大学ではいろいろな生活環境で生まれ育った、自分とは違う考えをもった人と関わることができ、視野が広がったように思います。また、台風のなか参加した六号通り商店街の夏祭りでは、「雨のなかをありがとう」と地域の方に声をかけてもらい、疲れを忘れるくらい嬉しかったことを憶えています。この時「ありがとう」の言葉がもつ、人の心を支える力を学びました。そして、人を支えることは、私自身の心の支えにもなるのだと気づきました。

プレゼンテーションの授業を基礎に、伝える力を磨き続けています。
R・T さん
株式会社 はとバス 勤務
生活文化コース 2013年卒業
母の勧めではじめたバスガイドの仕事ですが、もともと人前で話すのが好きだったこともあり、今は天職に巡り会えたと思っています。お客様に車窓から見える景色や観光地のご案内をするのが主な仕事ですが、効果的にものを伝えるうえで、帝京短期大学で学んだプレゼンテーションの授業がとても役に立ちました。時にはうまくお伝えできないこともありますが、それを笑いに変える工夫をして親しみのあるガイドを心がけています。バスを降りたお客様から「楽しかった!」と笑顔で声をかけられた時、やっていて良かったなと、心から幸せな気持ちになります。
R・T さん