学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

専攻科 臨床工学専攻

臨床工学技士の資格取得をめざす

医療の安全と信頼を高める臨床工学技士をめざす
日々進化する医療機器の操作と保守点検のエキスパートを育成。学内実習、病院実習などで専門的な知識と技術を身につけ、即戦力となる臨床工学技士をめざします。

めざす資格

  • ●臨床工学技士
  • ●第2種ME技術者
  • ●学士(保健衛生学)※
  • ※所定の単位を修得・修了後、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構へ学修成果(レポート)を提出し、試験に合格することで取得できます。人事院規則、教育職員免許法においても、大学卒と同等として認められています。また、大学院受験資格をはじめ、種々の資格取得が可能となります。

学びのポイント!

point1
チーム医療に貢献する意識の高い人材を育成
医師や看護師などのメディカルスタッフとともにチーム医療の一翼を担う、医療人として意識の高い人材育成をめざしています。現場経験豊富な教員が、臨床工学技士としての探究心や、実習体験で芽生える医療人としての責任感や誇りを、大切に守り育てます。
point2
豊富な医療機器を備えた充実の実習設備
人工心肺装置、人工呼吸器、人工透析装置など、病院で実際に使用されている医療機器や保守点検機器を多数導入しています。多様な医療機器を操作・点検することで、医療現場で即戦力となる人材の育成をめざし、実践的な学内実習を行っています。
point3
国家資格取得を強力にバックアップ
医療機器の保守点検や生命維持管理装置の操作を行う、臨床工学技士の国家試験受験資格を1年間で取得することができます。カリキュラムに含まれる目標資格、第2 種ME 技術者をめざすことにより、国家試験に臨む自信と実力を養います。
専攻科 臨床工学専攻を受験希望の皆様へ

出願に先立ち大学・短期大学・高等専門学校・専門学校などでの在学年数や厚生労働大臣の指定する履修科目を満たしているかの指定科目事前審査(無料)を行います。下記より出願資格認定審査申請書をダウンロード、記入し、成績証明書(厳封されたもの)を同封のうえ市販の封筒にて下記宛先へ郵送してください。
封筒には朱書きで「出願資格認定審査書類在中」と記入してください。審査結果は、2週間程度で郵送にて通知します。事前審査に合格した方にのみ入学案内を郵送します。
※事前審査で提出された書類、証明書は返却いたしません。
※高校生の受験はできませんが、臨床検査コース(3年制)卒業後の進学は可能です。

カリキュラムのポイント!

資格取得に向け、密度の濃い学びを短期間で実現する。

講義と実習で幅広い知識と技術を習得します。前期には実習前プレ講義を行い、基本的な身だしなみ、学ぶ姿勢や態度、病院でよく使用される用語などを身につけます。夏期の臨床実習では、実際の医療現場における臨床工学技士の役割について学びます。後期には、臨床実習で得た知識も活かしながら学習し、国家試験対策演習を経て資格取得をめざします。同時に修了研究も進めます。


先輩の声

専攻科 臨床工学専攻

患者さんの命に関わる仕事なので、医療人として強い責任感も必要だと考えています。
続きを読む>>


患者さんの命に関わる仕事なので、医療人として強い責任感も必要だと考えています。
専攻科 臨床工学専攻
K・H さん
千葉県
県立小金高等学校出身
Q 臨床工学技士になりたいと思ったきっかけは
両親がともに医療分野の仕事に携わっていたので、子どもの頃から医療に関わる仕事に興味をもっていました。中学生の社会科見学で病院へ行った時に、医師や看護師に限らずたくさんの医療従事者が患者さんの命を支えていることを知り、私もいつか医療現場で働きたいと思うようになりました。臨床検査技師をめざして帝京短期大学へ入学しましたが、病院実習で患者さんと身近に接しながら医療機器のエンジニアとしても活躍する臨床工学技士の方を見て、メカニックに興味があったこともあり、もう1年専攻科で学んで臨床工学技士になろうと思いました。
Q どんなことを学んでいますか
呼吸、循環、代謝を中心とした生命維持管理装置に関連する臨床技術や臨床知識について学んでいます。同時に、工学系では電気電子工学実習や医療機器の取り扱いや点検方法などの保守管理について学ぶため、覚えることが多くて大変です。病院実習で見学した人工透析の業務では、臨床工学技士の方が患者さんに優しく話しかける様子を見て、信頼していただくにはコミュニケーション力も大切なのだと強く感じました。勉強で行き詰まることもありますが、帝京短期大学の校風は先生と学生の距離が近く、何でも相談できるので心強いです。先生には、いろいろな面でバックアップしていただき本当に感謝しています。
Q 将来どんな自分でありたいですか
知識や技術を高めることも大切ですが、人と信頼関係を築くことがとても重要なので、患者さんや医師、看護師の方々から信頼される臨床工学技士になりたいと考えています。また、患者さんの命をつなぐ医療機器の操作、保守、管理をしていることを念頭に置き、医療人としての自覚と責任感をもって行動していきたいです。
K・H さん
医療機器の先につながる、患者さんの命を見守っています。
A・I さん
社会福祉法人三井記念病院 勤務
専攻科 臨床工学専攻 2016年修了
学生時代は、学ぶことがたくさんあって大変だと思っていましたが、実際現場に出てみると、全てが必要なことだったと実感しました。臨床工学技士は機器の操作を行うだけではなく、治療方針について医師から相談を受けることもあるので、生体に対する知識も重要になります。現在は透析分野で研修中ですが、患者さんと直接言葉を交わすので、治療内容についてより深く理解する必要があることにも気づきました。医療機器は人の生命活動を代行している装置です。医療機器につながる患者さんの命を守るため、全力を尽くす臨床工学技士でありたいと考えます。
A・I さん