学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

生活科学科 生活科学専攻 養護教諭コース

養護教諭の資格取得をめざす

都内の短大では唯一、養護教諭免許状が取得できる
小学校・中学校・高等学校で、児童・生徒の心身の健康づくりを支援する人材を育成。学校教育や児童理解、養護教諭の職務に関しての充実した講義、教育実習、看護技術を身につけるための臨床実習などで実践的に学び、即戦力となる養護教諭をめざします。

めざす資格

  • ●養護教諭二種免許状
  • ●アロマテラピー検定
  • ●医科2級医療事務実務能力認定試験
  • ●2級医療秘書実務能力認定試験
  • ●色彩技能パーソナルカラー検定
  • ●日本語ワープロ検定
  • ●Heartsaver AED
  • ●ピアヘルパー
  • ●ファッションビジネス能力検定
  • ●文書デザイン検定
  • ●保育士
  • ●ホームページ作成検定
  • ●文部科学省後援色彩検定
  • ●文部科学省後援秘書技能検定
  • ●養護教諭一種免許状(専攻科)

学びのポイント!

point1
養護教諭二種免許状の取得
都内の短大で唯一、養護教諭二種免許状が取得できます。2年間での資格取得をめざし、専門的な講義や実習を多く取り入れています。
point2
教員採用試験合格へのサポート
教員採用試験の合格に向け、実績ある外部講師から集中的に学びます。また、担任制による教員のサポート体制も整っています。
point3
経験豊富な教員からの指導
養護教諭は基本的に学校に1人だけです。就職してすぐに即戦力として活躍できるよう、現場経験豊富な教員の指導により、現場に強い養護教諭を育成します。

主な専門教育科目(平成27年度)

現場を意識しながら、養護教諭としての基礎能力を身につける。

入学後すぐに、自分の適性を見極めるための基礎科目試験を行い、その後の学習に活かします。実習は一日教育参加、病院実習、野外教育実習などを行い、さらにボランティア活動を推奨しています。また、本コースでは卒業に必要な単位数を文部科学省が定める値よりも多く設定し、よりレベルの高い養護教諭を育成しています。

教育実習を通じて、より高い実践力を養う。

各々が定めた時期に、3週間の教育実習を行います。事前にテーマを設定することで、現場での学びの質を高め、その経験を卒業論文に活かします。実習先の学校では「先生」と呼ばれるため、養護教諭としての立ち居振る舞いが求められます。実際に現場で実習することで、養護教諭として働くことへの自覚と責任を再確認します。

先輩の声

生活科学専攻 養護教諭コース

実習の多さが魅力! 教科書だけでは学べない実践的な知識を現場で学ベます。
1年次から実践的に学ぶ機会が多いことが魅力だと感じています。一日教育参加やSAMでは、渋谷区の小学校を訪問し、教員視点で学校現場を知ることができました。・・・
続きを読む>>


実習の多さが魅力! 教科書だけでは学べない実践的な知識を現場で学ベます。
生活科学科 生活科学専攻 養護教諭コース
C・N さん
福島県立郡山東高等学校出身
1年次から実践的に学ぶ機会が多いことが魅力だと感じています。一日教育参加やSAM(※)では、渋谷区の小学校を訪問し、教員視点で学校現場を知ることができました。また、看護実習や野外教育実習では、それぞれ医療従事者としての視点と養護教諭としての役割を学び、日頃の授業だけでは得られない経験や知識を磨くことができます。今後は観察力をさらに高めて、児童・生徒一人ひとりの小さな変化に気づける養護教諭になりたいです。

※SAM…渋谷区教育委員会が実施しているスクールアシスタントメンバー(SAM)は、小学校の保健室を中心に子どもたちの世話、学習指導など教員の手伝いをしながら実践的に学ぶボランティア活動のことです。
C・N さん
子どもたちの健康を見守る大きな責任。一人ひとりと向き合う“ 心の居場所”をつくります。
A・M さん
帝京大学小学校 勤務
養護教諭コース 2009年卒業
養護教諭の仕事は、ケガや病気の対応のほかにも、健康診断、健康観察、保健指導、保健だよりの作成、校外行事の同行など、さまざまな仕事があります。保健室に在室しているときはケガや病気の対応が中心ですが、悩みを抱えて来室した児童の相談に乗ることも。保健室は教室とは違い、個人に応じた対応が求められます。養護教諭の対応次第で児童の様子は大きく変化するため、常に子どもの心に寄り添い、安心して教室に戻れるように促すことを心がけています。養護教諭という存在は、基本的に1校に1人です。それは大きな責任であり、誇りでもあります。「保健室に来たら、元気になった」と思ってもらえるような“心の居場所”をつくることが、私の役割です。
A・M さん