学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

生活科学科 生活科学専攻 養護教諭コース

養護教諭の資格取得をめざす

都内の短大では唯一、養護教諭免許状が取得できる
小学校・中学校・高等学校で、児童・生徒の心身の健康づくりを支援する人材を育成。学校教育や児童理解、養護教諭の職務に関しての充実した講義、教育実習、看護技術を身につけるための臨床実習などで実践的に学び、即戦力となる養護教諭をめざします。

めざす資格

  • ●養護教諭二種免許状
  • ●保育士
  • ●アロマテラピー検定
  • ●色彩技能パーソナルカラー検定®
  • ●日本語ワープロ検定
  • ●ピアヘルパー
  • ●ファッションビジネス能力検定
  • ●文書デザイン検定
  • ●ホームページ作成検定
  • ●文部科学省後援 色彩検定®
  • ●文部科学省後援 秘書技能検定
  • ●医科2級医療事務実務能力認定試験
  • ●2級医療秘書実務能力認定試験
  • ●Heartsaver AED
  • 注意:時間割によっては、上記の資格全てを取得することはできません。
  •  
  • ※ 教職課程認定再申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

学びのポイント!

point1
養護教諭二種免許状の取得
都内の短大では唯一、養護教諭二種免許状が取得できます。専門的な講義や実習を多く取り入れ、卒業に必要な単位数を文部科学省が定める値よりも多く設定し、2年間の集中的な学びで免許取得をめざします。
point2
現場経験豊富な教員が手厚く指導
基本的に、養護教諭は学校にひとりだけです。就職して即戦力として活躍できるよう、現場経験豊富な教員が指導にあたります。また、担任制による教員の手厚いサポート体制を整え、一人ひとりの個性を活かした教育を行っています。
point3
豊富な実習時間に、実践的な知識を学ぶ
小学校などで3週間の教育実習を実施。実習には明確な目的と課題を設定して臨み、学校教育全体の概要や、児童・生徒についての理解を深めます。その他、病院実習、野外教育実習など多彩な実践教育により、養護教諭としての自覚を高めます。
point4
外部講師による教員採用試験対策
教員採用試験の合格に向けて集中講義を実施。本コースの狙いに合わせて、教員採用試験対策を行っている予備校講師を招き、より質の高い指導で集中的に学習します。採用試験合格をバックアップする、強力なサポート体制を整えています。

カリキュラムのポイント!

現場を意識しながら、養護教諭としての基礎能力を身につける。

入学後すぐに、自分の適性を見極めるための基礎科目試験を行い、その後の学習に活かします。実習は一日教育参加、病院実習、野外教育実習などを行い、さらにボランティア活動を推奨しています。また、本コースでは卒業に必要な単位数を文部科学省が定める値よりも多く設定し、よりレベルの高い養護教諭を育成しています。

教育実習を通じて、より高い実践力を養う。

各々が定めた時期に、3週間の教育実習を行います。事前にテーマを設定することで、現場での学びの質を高め、その経験を卒業論文に活かします。実習先の学校では「先生」と呼ばれるため、養護教諭としての立ち居振る舞いが求められます。実際に現場で実習することで、養護教諭として働くことへの自覚と責任を再確認します。

先輩の声

生活科学専攻 養護教諭コース

子どもたちが安心してかけ込めるような保健室の先生になりたい。
続きを読む>>


子どもたちが安心してかけ込めるような保健室の先生になりたい。
生活科学科 生活科学専攻 養護教諭コース
Y・K さん
神奈川県
県立生田東高等学校出身
Q 養護教諭コースを選んだ理由は
もともと子ども好きの性格で保育に興味があり、オープンキャンパスを訪れたのですが、その際、養護教諭の仕事内容についてはじめて知りました。
養護教諭というのは日本にしかない制度で、海外の学校ではスクールナースがそれにあたる存在になります。ただし、看護の場合は主に心身を病んでいる人に関わりますが、養護は健康な子どもたちも含めてケアや教育にあたります。養護教諭はそうした特別なポジションにあるということと、先生方がその素晴らしいシステムを世界に広める活動をされていることを知り、帝京短期大学の養護教諭コースに興味をもち迷わず入学を決めました。
Q 授業の様子を教えてください
看護学や解剖生理学、教職論などが中心になり、養護の歴史や体育理論なども学びます。養護教諭として経験豊富な先生方の体験談はとても興味深く、現役の養護教諭である先生の講義もあり、今の学校現場の状況なども知ることができます。ボランティアで参加した小学校の自然教室のお手伝いでは、授業で学んだことをそのまま活かすことができて、「ああ、この学校を選んで本当に良かったな」と実感しました。キャンプに参加しているようで楽しく、友人との絆も深まりました。
Q 学びのなかで気づきや成長はありましたか
たとえ叱られても、子どもはお母さんを見るとぎゅっと抱きつくんですよね。
それは、子どもにとってお母さんが安全地帯だから。今まではかわいい、さわりたいという気持ちだけで子どもに接していたのですが、泣いている子どもがいても、慰めるだけではその子のためにならないと気づきました。将来は私も、子どもたちが安心してかけ込めるような保健室の先生になりたい。
誰にも話せない、つらい悩みがあった時に思い出してもらえるような、子どもたちの心の支えになりたいです。
Y・K さん
子どもたちの健康を見守る大きな責任。一人ひとりと向き合う“ 心の居場所”をつくります。
A・M さん
帝京大学小学校 勤務
養護教諭コース 2009年卒業
養護教諭の仕事は、ケガや病気の対応のほかにも、健康診断、健康観察、保健指導、保健だよりの作成、校外行事の同行など、さまざまな仕事があります。保健室に在室しているときはケガや病気の対応が中心ですが、悩みを抱えて来室した児童の相談に乗ることも。保健室は教室とは違い、個人に応じた対応が求められます。養護教諭の対応次第で児童の様子は大きく変化するため、常に子どもの心に寄り添い、安心して教室に戻れるように促すことを心がけています。養護教諭という存在は、基本的に1校に1人です。それは大きな責任であり、誇りでもあります。「保健室に来たら、元気になった」と思ってもらえるような“心の居場所”をつくることが、私の役割です。
A・M さん