就職・進学

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット

編入体験報告

帝京大学グループへの編入

夢を叶える万全のサポート

【編入先】帝京平成大学 健康メディカル学部 健康栄養学科

生活科学科 食物栄養専攻
K・K さん


帝京短期大学で学ぶ中で、食をさらに広く深く学びたいという思いが強くなり、漠然としていた編入への思いを決意しました。2年間で得た経験を活かし、夢である管理栄養士として人と社会に貢献していきたいです。

他大学への進学

食品の商品企画をめざして

【編入先】目白大学 社会学部 社会情報学科

生活科学科 食物栄養専攻
R・Y さん


帝京短期大学では、学ぶことの楽しさを初めて感じました。普段でも食品の商品を企画する側の視点が芽生え、もっと学びたいと思うようになりました。先生方には、編入試験対策でお世話になり、無事合格。将来は、多くの人に喜ばれる商品を企画したいです。

指定校の校長であり、帝短OGが語る「なりたい自分」

指定校:ラブニール国際K・Hカレッジ校長

住川 啓子さん

フードコーディネーター、テーブルコーディネーター、フラワーデザイナーなど多くの肩書きをもち、各種プロデュース、テレビ番組、執筆など幅広い分野で活躍中。ラブニール国際K・Hカレッジ校長として、食のプロ養成に携わる。


広がった選択肢。このチャンスを生かしてください。

皆さん、知識や経験、資格という「引き出し」はご存知ですか? 社会では、多種多様な答えや力を求められることがたくさんあります。その時、自分の「引き出し」から答えを出せるのが理想の自分のはず。だからこの引き出し=「力」を出来るだけ多く持つことが大切なのです。
帝京短期大学では、力をさらに伸ばしたいと希望する学生のために指定校・協定校への編入・進学の選択肢が用意されています。つまり、もっと学んで引き出しを増やすチャンスが広がっているということです。提携校の校長としても、帝京短期大学の卒業生としてもうれしく、同時にうらやましく思います。


現在、私は校長として食にかかわるプロを養成するほか、フードコーディネーターとしてテレビや雑誌、レストランなど、いろいろなジャンルで食を演出していますが、卒業した頃は、食に関する仕事や資格の情報が乏しく、資格はおろか、何を勉強すればいいかもわからなかった時代でした。一つ一つ手探りをしながら知識や経験を増やしていたため、今では考えられない多くの労力と時間がかかったのです。
しかし、現在は帝京短期大学が大きなサポートで皆さんをバックアップしてくれます。これは、皆さんの「なりたい自分」への実現する可能性が高まったということ。この機会を生かして、ぜひチャレンジしてください。私が持つ「食」に関するすべてのノウハウを後輩たちに伝えていきたいですね。