学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

こども教育コース

こども教育学科 こども教育専攻 こども教育コース

保育者(保育に関わる幼稚園教諭と保育士をまとめて保育者と呼びます)は子どもの命を守り心と体の成長を支える仕事です。

こども教育コースでは、保育者として必要な人間性、社会性、知識を身につけるために、理論だけではなく保育の実践の場を通して学習します。また、日常から「建学の精神」を実践して「生きる力」を身に付けるために思考力、判断力、表現力を養って、保育者として必要な、実践的な課題解決能力を培います。

1.帝京めぐみ幼稚園での観察体験

入学後には、帝京短期大学の隣の「帝京めぐみ 幼稚園」で、講義の空き時間を利用して保育の様子を観察する事が出来ます。子どもの姿や先生の保育の様子を観ることができます。
「帝京めぐみ幼稚園」では、子ども達に「生きる力」の基礎を培うために、心情、意欲、態度を身に付けるための保育を実践しています。


2.ピアノが弾けない学生のために

こども教育コースと専攻科では、一年次より全学生に少人数でのピアノの特別授業(ピアノ実技Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)を教職および保育士課程の必修授業としています。「保育者になりたいが、ピアノが弾けない」と言う学生にも、専攻科を修了するまでには、ピアノの実践的な技術が身につくように指導しています。


3.保育者に必要な資質と力が身につく実践的学習内容

こども教育コースと専攻科では、実践的な学習内容で保育者に必要な資質、知識、技術を身につけます。

【実習および「こども演習」のスケジュール】PDFファイル
■こども教育学科の実習に関する予定表
学年 1 年 2 年 専攻科
学期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
幼稚園 1日参加実習 教育実習
(2週間)
教育実習
(2週間)
     
保育所 1日参加実習     保育実習
(2週間)
保育実習
(2週間)
 
社会福祉
施設
      ボランティア実習
(3日間)
  施設実習
(2週間)
自然の家   野外学習
(3日間)
       
一日参加実習(一日教育参加実習、一日保育参加実習)

学生は、一日参加実習の機会に、「保育者になる」という意欲の確認をします。

〇事前指導
学生は、事前指導で観察目標を定め、目的を持って一日参加実習にのぞみます。
〇観察実習
学生は、保育所および幼稚園で、それぞれ一日を通してこどもの姿や保育者の保育を観察し、指導を受けます。
〇事後指導
学生は、実習で観察し、学習した内容をまとめ、発表会で報告します。他の学生の実習報告の発表を聞くことにより、学習の効果を向上させることができます。
野外学習

保育者は、園内だけではなく遠足、お泊り保育など園外での保育の援助もします。野外学習では、園外保育に備えて、二泊三日の集団生活を経験します。

〇事前指導
保育者の役割を学ぶために、学生一人ひとりが役割分担を定め、グループや個人の研究課題を決めて、現地で調査研究をまとめ、グループの研究課題発表をします。
〇野外実習
学生は、定められた役割を分担して保育者の役割を学ぶと同時に、学生同志や教員との親睦を図ります。あらかじめ定めたグループや個人の研究課題について、調査研究をまとめ、グループの課題の調査研究の結果発表をします。
〇事後指導
学生は、野外学習の感想や反省、気付きを作成して提出し、事前に定めた個人の研究課題について、調査研究結果のまとめを作成します。
教育実習・保育実習・施設実習の事前および直前指導

学生は、教育実習、保育実習、施設実習の事前指導では、実習の心構えや実習生調査表の作成方法、実習園・施設の事前訪問(オリエンテーション)の方法、実習日誌の書き方、部分実習や責任実習指導案の作成方法やその復習などを学習します。また、学生一人ひとりが、実習の目標を定めます。直前指導では、実習園・施設の事前訪問や実習に参加するための準備の確認などを行います。

教育実習・保育実習・施設実習

学生は、教育実習、保育実習、施設実習で観察や参加した内容を実習日誌にまとめ、翌日の朝に実習園・施設に提出します。
教員は、学生の実習期間中に実習園・施設の訪問指導を実施し、実習生が健康で安全に実習に参加しているかを確認し、実習園・施設からの要望を聞き取り、必要ならば実習生の指導を行います。

教育実習・保育実習・施設実習の事後指導

事後指導で学生は、大まかな実習内容のまとめと感想や反省、気付きを作成し発表会で報告します。また、他の学生の実習報告の発表を聞くことにより、学習の効果を向上させます。
実習園・施設から実習日誌を受け取ったのち、すみやかに実習日誌を教員に提出し、評価を受けなければなりません。

ボランティア活動

学生は、こども演習ⅡBの演習の一環として、渋谷区内の社会福祉施設での3日間のボランティア活動に参加します。ボランティア活動によって、コミュニケーション能力や思いやりの心を身につけ、人間性や社会性の豊かな保育者を目指します。

4.実践研究報告

学生は、専攻科のこども演習ⅢA・Bの一環として、一年間をかけて実践研究を行って研究のまとめを作成し、発表会で報告します。この実践研究活動を通じて、生涯学ぶ保育者としての姿勢を身につけます。学生全員の研究のまとめは、実践研究報告集として印刷、出版します。

5.帝京こども教育研究会

帝京短期大学の教員、帝京グループの東京に所在する4幼稚園の園長と教員などによって、帝京こども教育研究会を作っています。事例研究報告会や講習会、講演会などの研究会を毎年3回開催しています。
こども教育コースの2年と専攻科の学生は、こども演習の一環として、教員とともに帝京こども教育研究会に参加し、事例研究の学習や、新たな保育の考え方や保育方法について学習する機会となっています。